FC2ブログ
2017/12/01

インターネット

 以前より当歯科に関したインターネット上の書きこみに関して、弁護士さんに相談させていただいていましたが、明らかな嫌がらせと確証が持てる事案が発生しましたので、サイト側に発信者情報開示請求しIPアドレスを得たのち、プロバイダーから個人情報を取得し、名誉棄損または業務妨害、侮辱罪などで発信者を告訴していく事にいたしました。
インターネット上の書きこみが匿名であると勘違いしている人がいますが、全てのネット機器にはIPアドレスがあり持ち主が特定可能です。又、防犯カメラの設置されていないネットカフェなども存在しませんから匿名性など存在しないのが現実です。
院長日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示